オメガ3とオメガ6の違いとは?

オメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸という用語がよく使われるようになっています。これはどういうことか、特徴や原料、健康への影響について説明しましょう。

 

オメガの意味が知りたいです。

このオメガ何とかというのは、その脂肪酸の中で、炭素と炭素の二重結合のある位置を表わしています。

 

3なら端から3番目、6なら端から6番目という意味ですが、こういうことを覚える必要は基本的にありません。要は、体の中での働きが違うということくらいに思っていただいて結構です。

 

オメガ3とオメガ6の違い

オメガ3は主に魚の油に多く含まれます。EPAやDHAと呼ばれるものはまさにこの仲間です。
一方で、オメガ6は植物油に多く含まれます。リノール酸はその代表例です。

 

どちらも必要な脂肪酸

注意しなくてはならないのは、どちらもヒトにとって必須脂肪酸であるということです。ヒトはこれらのタイプの脂肪酸を自分で合成することができません。
どちらも、食物から摂取しなければならないのです。ただし、問題はその量というか、摂取比率にあります。

 

摂取量に注意したいオメガ6脂肪酸

オメガ6は確かに必須であることは間違いないのですが、一方で摂り過ぎるとアレルギーその他の炎症性疾患を引き起こしやすくなると言われています。
最近では、同じ脂肪でもできるだけ魚の脂肪を摂るようにして、植物油の摂取を控えるようにしたほうが良いといわれています。

 

オメガ3サプリランキングはこちら

 

オメガ3サプリ|きなり