オメガ3はアトピーに関係している?

オメガ3サプリ|アトピー

オメガ3脂肪酸の油がアトピーに良いと言われたが、どのような影響があるのかよく分からないという方は多いですよね。

 

まず知っておきたいのが基本的に、オメガ3脂肪酸がアトピーに良いというのは、正確ではありません。間違っているとは言いませんが、正確ではないのです。

 

何が言いたいのかというと、オメガ3が良いのではなくて、別の脂肪酸が悪影響を与えているケースがある場合です。別の脂肪酸とはオメガ6脂肪酸と呼ばれます。

 

このオメガ6脂肪酸(リノール酸)がアトピーに影響を与えているケースがあると言われています。
その為、オメガ6脂肪酸の代わりにオメガ3脂肪酸やオメガ9脂肪酸の比率を上げることで、食事の影響があるアトピーの症状にも良い影響があるという説があります。

 

オメガ3脂肪酸

オメガ3とは主に魚に含まれます。DHAやEPAと呼ばれるものです。ただしこれらを調理用、例えば天ぷらなどに用いるのはちょっと非現実的です。
事実、そのような用途では販売されていません。

 

植物に含まれるオメガ3としてはαリノレン酸があり、例えばエゴマオイルに豊富に含まれます。

 

オメガ6脂肪酸

オメガ6とは一般的な植物油に多く含まれます。リノール酸はその代表であり、ベニバナオイルやコーンオイルなどに多く含まれます。ただし、オメガ6もある程度は人間にとって必須ですから、まったく摂らないというのはおすすめできませんが、普段の生活の範囲内で、できるだけオメガ6の代わりにオメガ3を摂るようにするというのがおすすめされています。

 

オメガ3の正しい摂り方と注意点

オメガ3サプリ|正しい摂り方

アトピーの方の場合、食べ物による影響でかゆみを引き起こしているケースも多いため、食事の摂り方には注意が必要です。

また、オメガ3は魚油に多く含まれていますが、この魚自体でかゆみが起きてしまうケースもあるため、オメガ3を取り入れる場合にはα−リノレン酸(オメガ3脂肪酸)を含む亜麻仁油などで摂ることを勧められています。

 

ただし、α−リノレン酸は酸化しやすいため、炒めものには向かないことから、使用は勧められていませんが、その代わりにオメガ9系と言われるオレイン酸を含んだオリーブオイルなどで代用するといった方法で、オメガ6脂肪酸と他の脂肪酸の比率を変えていくことがアトピーでお悩みの方の食生活を考える上で良いと言われています。

 

これらは医師の指導の元、食生活を組み立てる一つの説と言われています。

 

参考:厚生労働省「日本人の食事摂取基準・脂質」
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/dl/s0529-4g.pdf

 

オメガ3サプリランキングはこちら

 

オメガ3サプリ|きなり

 

オメガ3サプリ|きなり公式サイト


関連ページ

オメガ3とコレステロールの関係
オメガ3脂肪酸とコレステロールの関係について解説します。オメガ3脂肪酸はコレステロールの数値に良いと言われる理由やその働きについてご紹介します。
オメガ3を含むオイルの種類
オメガ3脂肪酸を含むオイル(油)の種類について解説します。健康に役立つと言われ、注目されているオメガ3(αリノレン酸)を効率良く補うためのポイントについてご紹介しています。
オメガ3が摂れる亜麻仁油
オメガ3(αリノレン酸)を含む亜麻仁油の特徴や美容、健康に嬉しい働きについて解説します。美容に興味がある方の間で話題となった亜麻仁油をチェックしましょう。
オメガ3が摂れるエゴマ油の特徴
オメガ3(αリノレン酸)を含むエゴマ油の特徴や含有量の多さ、健康に役立つ働きについて解説しています。
オメガ3が摂れるくるみの特徴
オメガ3脂肪酸を含む食材くるみの栄養価や健康に役立つ働きについて解説します。健康的な体作りにも嬉しいくるみのチカラをチェックしましょう。
オメガ3・6・9の中でオメガ3が人気理由は?
不飽和脂肪酸のオメガ3・6・9の中でオメガ3が人気の理由をそれぞれの違いや特徴を交えて解説します。
オメガ3とオメガ6の違いとは?
オメガ3とオメガ6のそれぞれの特徴や原料、健康に役立つ働きについて解説します。健康的な食生活を目指す上で無視できない話題のオメガ3とオメガ6との付き合い方についてご紹介します。