必須脂肪酸とは?体の中ではどんな働きがあるの?

私達人間だけでなく、動物が生きていく上で欠かせない脂肪酸が必須脂肪酸です。3大栄養素の脂質に含まれています。

 

脂肪酸の種類には

  • 常温で固まりやすく体の中で合成され、動物性食品に多い飽和脂肪酸
  • 常温で固まりにくい植物性の食品などに含まれる不飽和脂肪酸

まず、この二つがあります。

 

そして、必須脂肪酸は体内で合成されない多価不飽和脂肪酸に含まれており、n-3系脂肪酸(オメガ3)とn-6系脂肪酸(オメガ6)が必須脂肪酸に分類されています。

 

一方で一価不飽和脂肪酸は体内での合成が可能な脂肪酸でn-9系脂肪酸(オメガ9)がこれにあたります。
必須脂肪酸は体内で他の脂肪酸から合成することができないため、食事などで摂る必要があります。

 

必須脂肪酸は体内でどんな働きをしているの?

必須脂肪酸は私達の体の中であらゆる場所で働き、生きるために必要な作用を与えています。

  • 細胞膜を形成する成分の一つ
  • 中枢神経と脳の成長を助ける働き
  • 腸管粘膜の不透過性を保つ働き
  • 体温の調整

これらに加えて心臓や血管を健康に保つのにも関わっています。
例えば、

  • 心臓に害のある脂肪の代謝
  • コレステロール値を下げる働き
  • 不整脈の発生を防ぐ
  • 血管内皮細胞の機能に関わる働き
  • 血栓の予防
  • 血中中性脂肪の低下

以上のような重大な健康上のリスクを未然に防ぐのにも関わっています。

 

他にも肌を強く健康に保つ働きや酸化による老化を防ぐ働きなどにも関わっていることが報告されています。

 

そのため、必須脂肪酸が不足してしまうと果たしている作用が滞るため、心臓や血管に関する疾患のリスク、免疫力の低下や見た目でも肌のトラブルや髪などにも影響があると言われています。

 

必須脂肪酸の摂り方

必須脂肪酸に分類されるオメガ3とオメガ6はそれぞれ、食事から補うことができます。
オメガ3脂肪酸の代表的な食べ物では、α-リノレン酸を含む亜麻仁油、えごま油、魚油からはEPAやDHAといったオメガ3脂肪酸が含まれています。

 

料理などに使用する際の注意点としてオメガ3脂肪酸は非常に酸化しやすいため、ドレッシングとして使用するなど、加熱せずに使うのが望ましいとされています。

 

オメガ6脂肪酸はコーン油や大豆油に含まれていて、リノール酸がこれにあたります。
他にも一般的な植物油に多く含まれています。

 

オメガ3脂肪酸の摂取量は30代以降で男性2.1g、女性が1.6gとなっており、オメガ6脂肪酸は30代以降で男性10g、女性が8gとなっています。
例えば、オメガ3脂肪酸の近年の男性の摂取量は0.32g、女性で0.23gほどとなっており、現代人の必須脂肪酸の摂取量は食生活の変化と共に年々低下していると言われています。

 

オメガ3サプリランキングはこちら

 

オメガ3サプリ|きなり

 

オメガ3サプリ|きなり公式サイト